脳みそ覗き部。と、綴る。

「綴る」ということは、いつだって気恥ずかしい。しかもそれを公にするということは、自分の脳みそを覗かれているようで、ますますなんともむず痒い。でも‘書きたい’という衝動はいつだってあって、そろそろ躊躇している間に死んでしまいそうなので、恥ずかしさはひとまず置いておいて書いてみることにした。

近頃、関西に暮らし始めた。もともと関西で生まれ呼吸した日々があって、どうしたって都に憧れる青春期があった。高校入試が終わったその日にレンタルDVDで見た映画「リリイ・シュシュのすべて」に衝撃を受け、田園風景に苦しむ若者たちの姿に、すっかりきっちり一週間落ち込んだ。
高校時代はなんとも灰色で、自宅の隣に広がる田んぼやら畑を例の映画の田園風景と重ねて、自転車で立ち漕ぎをして学校まで通った。道中は決まって椎名林檎とか宇多田ヒカルとかくるりとか、兄に教わった覚えたての音楽を爆音で聴いて、全速力で立ち漕ぎ。帰り道は大通り沿いをまた立ち漕ぎしつつ、大声で歌いながら曇り空を仰いでいた。車の音がうるさいので誰にも聴こえない自分の声が零れ落ちた。その繰り返し。今考えると違法な自転車の乗り方で危ない。そんな青春期があって、東京で何年か漂い、気付けばまた、故郷に流れ着いていた。

育った家で久しく生活していると、何故か、何度も思い出す記憶がある。幼き日に母と一緒に風呂に入ったあの日。ピンポイントで、あの日、が蘇る。夕暮れ時、父がまだ仕事から帰っていない時間で、窓からは真っ赤な夕陽が降り注いでいた。確か初夏の少し汗ばむ季節で、なぜ早めに風呂を済ませることになったのかは覚えていない。母は少しうきうきとしながら、早めにお風呂入っちゃおうかと私に提案する。なぜだか二人だけの秘密みたいで、私も嬉しくなって快諾した。その頃はまだ本当に幼かったから母と風呂に入ることなど何度もあったのに、他の日は思い出せず、あの日だけが思い出される。

今は窓辺でこの文章を書いていて、静かな夜だ。時折涼しい風が吹いて気持ちが良い。どこかの家から音楽が漏れている。さっきは星野源が流れていたのに今はどこの国の言葉かわからないラップが流れていて、東京の街で聴こえていた音楽たちがここでも聴こえる。大阪で奏でた音楽や言葉たちも、東京まで聞こえるだろうか。

コメントを残す